病気などで髪を失った場合の対処法

医療 ウィッグ

病気などで髪を失った場合の対処法

医療 ウィッグについて

画像

女性が病気なで髪の毛を失ってしまうことは、耐え難い事態であるといえます。
抗がん剤投与などで一時的に髪を失う場合もそうですが、一生髪の毛が生えることが見込めない、脱毛症にり患してしまったような場合、本当にどうしていいか分からなくなることでしょう。
10代や20代の若いうちであれば尚更です。
そんな時に活用したいのが医療用のかつら、すなわちウィッグです。
かつらというと、中高年の禿げた男性がつけている不自然なものを想像してしまいがちですが、医療用のウィッグは主に人毛が使用されており、手で髪の毛を植え込む形で製造されています。
また、つむじや分け目の部分には人工肌が使用されており、ぱっと見ただけでは分からない作りになっております。
髪形や髪色もいろんなものが出ている為、髪が抜ける前のヘアスタイルにもどることができますし、思い切って違うヘアスタイルにチャレンジしてみることも可能です。
ウィッグで地毛よりも綺麗な髪を手に入れることができ、髪が抜ける前よりも恋愛やおしゃれを楽しめるようになった、という人もいます。