医療関係者における略語の役割について

医療 略語

医療関係者における略語の役割について

医療 略語について

画像

医療関係に従事される方にとっては、その略語が沢山あることに驚かれることも多いです。
まず人体の病気の症状や器官、使用される機器なども無数に存在しており、本来の読み方で読むと長くなったりして読みづらい点もあります。
そのため、読む上では略語で読めば関係者に早く伝達することも可能で、しかも緊急を要する時などに驚くほどの効果を発揮するものとなります。
特にその性質は、英文字やドイツ語の頭文字を略した形で作られるのが一般的です。
例えば、喘息性気管支炎は、本来は「Asthmatic bronchitis」と呼ばれ、それぞれの単語の頭文字を取って「AB」と呼ばれます。
特徴としては、単語の頭文字を組み合わせて作られ、ケースや状況に応じても使い分けられます。
医療に従事する人は、まず遭遇することの一つに略語の多さだと言われています。
それを的確に理解していないとミスを起こしたりするので重要な要素を占めます。
なお現場での経験を得るとどういった意味なのかを自然に理解できるぐらいになり、医療関係者同士のやりとりでもそれで行なうのが一般的となります。